パナマ ハートマン農園 200g

カツーラ種『ハニープロセス』精製によって蜜のような香りで、「チェリー、ラズベリー」
のような『甘み』が強く感じられます。

【農 園 名:】 ハートマン農園
【栽培品種:】 Caturra(規格SHB)
【標  高:】 1500m
【生産処理:】 パルプドナチュラル

◆商品説明

ハートマン農園2015/2016クロップ。今年からティピカからカツーラに切り替わりました。ティピカは生産性が低いため。ウォッシュドのクリアーさとワイニーのフルーティーさのちょうど中間の味になっています。

ハートマン農園は、ハートマン家が運営している家族経営の農園です。初代ハートマン(アロイス・ハートマン)は1891年、チェコで生まれ、第一次世界大戦後、パナマに移住。1940年に二代目ハートマン(ラティボール・ハートマン)が今日のハートマン農園を創業。ラティーボール・ハートマンは5人の子供(ラティボールJR、アラン、アレクザンダー、アリス、ケリー)に恵まれ、現在は5人の兄弟姉妹が農園の運営管理とツーリズムを手分けして担当しています。コーヒーは三代目ハートマン(ラティーボルJR・ハートマン)が担当しています。ハートマン農園では、カツーラ、ゲイシャ、パチェ、マラゴジーぺ、パカマラの5品種を栽培。精製方法はウォッシュド、パルプドナチュラル、ナチュラルの3通りで精製しています。このロットは、カツーラのハニープロセスです。

この農園は原生的な自然環境を保全したエコツーリズム農園。ハートマン農園のロゴに”Bird Friendly"と明記されていますが、ハートマンは正式にスミソニアン渡り鳥センターの"Bird Friendly"の認証を取っていませんので、誤解のないようにお願いします。スミソニアンのロゴは全く違います。ハートマンはロゴ全体を商標登録して いるだけです。但し、農園環境は自然環境を保全しているので、野鳥には優しい農園であることには間違いありません

1,350円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索